カーボン

Carbon

DAREカーボン繊維技術

HS-HMC PREPREG

DAREは日本のTORAYと共にMultiple Synthetic Hot-Melted Carbon Fiber-Resin(HS-HMC)とFAW-Fiber Areal Weight (g/m2)が低いホットメルトプリプレグ(Hot-melted prepreg)を開発しました。 簡単に説明すると、DAREのHS-HMCホットメルトプリプレグの厚さと重量は従来の素材の半分なので、同じ厚さでDAREのカーボン繊維は二倍ぐらいに重ねることができます。それに従って、レイアップデザインはもっといろいろな方向と角度へ変更できます。結果重量が軽減した上、車体全体の歪み抑制能力が向上し、ベストな剛性を得ることができます。

T+M TECHNOLOGY

多くの自転車ブランドがまだ高強度・高弾性率カーボン繊維Tシリーズの開発をしているとき、DAREはすでに超高弾性率カーボン繊維Mシリーズを自転車のレイアップデザインに使用しました。

高強度と曲がりに対する強さを両立させた車体にするため、DAREは高価なT1000とM40、M46を使用し、軽量化と高強度も持ち、高剛性で曲がりに対する強さも持たせたカーボン素材に仕上げています。

DAREの車体はこの技術であなたに安全と高いフレーム性能を提供します。

FLAKARMOR TECHNOLOGY

快適な乗り心地は、軽量であることや剛性と共にライダーの誰もがバイク選びの際に重視しているポイントの一つです。DAREは英国のSigmatex カーボンファイバーの特殊構造を採用しました。鱗のように編み込まれた繊維は、戦国時代の甲冑のように軽くて丈夫です。さらに、きめも細かく手触りも抜群なので、上質な乗り心地を約束します。

プロフェッショナルな生産技術

最新技術+職人技

コンピューターによる精密な切断

DAREの自転車はコンピュータによって精密な切断をしたカーボン生地を車体の各部位に必要な強度が得られるように、一枚一枚から作り上げたものです。精密な切断によって必要ない部分を切り捨て、強度と剛性強度を保ったまま、車体の軽量化へ貢献させています。この一枚一枚のカーボン生地はハイレベルなの自転車を校正します。

コアシェル

カーボン生地で作り上げたフレームは、精密な測量によって、フレームの外径と重量を安定させてから生産を行います。ヘッドチューブやボトムブラケットなど、構造が複雑な部分にはコアシェルの技術を使用しています。カーボン生地はカーブ部分も隙間なくり貼りつけられており、フレームの接続の部分にも隙間は生じません。車体の内側にも隙間なくカーボン素材が貼られています。

インモールド成型

カーボン素材の車体が製造されるには厳しい条件がかせられます。インモールド成型の車体はモールドの中で150℃の高温と15Barの圧力を受けることで、ポリマー樹脂はカーボン繊維と融合することができるようになります。そして、独自の冷却器を使って、高強度と軽量化を兼ねそろえた車体が誕生します。

高品質のためのテスト

高品質を求めるのは、DAREにとって基本中の基本です。
自転車を塗装する前には精密の測量を受けなければなりません。DAREはトルク効率と車体の剛性こそが自転車の魂だと考えています。フレーム/フロントフォークの剛性のデータはこの二つの性能によって、形にすることが可能となり、様々な過酷な状況でも対応できる製品を作り上げます。

ハンドメイドによるクオリティの高いな塗装

機械での塗装はフレームの死角に対して一度で塗ることができないため、何回も塗ってしまう場合があります。
DAREは軽量化のため、塗装の重量も考慮しています。フレームの塗装においては全て熟練の職人が作業を行い、塗り増しによる重量増加が発生しないように塗料の使用量を抑え、綺麗な外装にしあげています。

高強度テスト

DAREは常にユーザーの安全を第一に考えています。DAREの製品は生産する前に厳しい破壊試験を行います。
フレームは疲労試験、圧縮試験、衝撃試験を受けEFBEの条件を満たした上で完全に無傷の状態でなければなりません。ユーザーの安全のため、DAERは全ての試験において20%増強した条件で試験を行います。